2010年01月06日

片頭痛の新たな兆候

実は片頭痛持ちです。

 昨日、片頭痛の頭痛発作が起きて、早々に仕事を切り上げさせていただきました。
で、片頭痛もちの人はわかると思うんですが、片頭痛は眠るのが一番なので、出来る限り早く寝ちゃいました。
おかげで、異常に早く起きちゃって、もう寝れそうにないので、この記事を書くことにしました。
今、朝5時。

自分自身の慢性頭痛の症状の変化を書き留めるという、全く個人的な記事です。

思い出せる限り、最初の頭痛発作は、小学生の頃に遡ります。

 子供の頃、実家には"病院には、行かないで済むならそれにこしたことはない"という昔っぽい風潮がありました。
片頭痛は、一晩眠ればなおりますから。
子供の頃に端を発する習慣というか、なんか「じっとがまん」するものだという思い込みがあって、最近まで、片頭痛で病院に行ったことはありませんでした。

だから、この激しい頭痛が片頭痛だと知ったのは、けっこう最近のことです。

 で、今回、タイトルにもあるように、今までなかった(あるいは気がつかなかった)症状が2つほどあったので、ちょこっと記録しときたいと思った次第です。


 まず、予兆らしきものをはじめて感じました。
頭痛自体がはじまったのは、だいたい昼過ぎ頃なんですが、その前日の夕方辺りから妙な症状がありました。
胃のあたりに、時おりムカつきのような不快感を感じるという症状でした。
なんとなく、異常な空腹を覚えたときの感覚に似た感じかもしれません。
 症状が現れたときには、(ちょうど正月明けでもあるので、)おせちの食べ過ぎかなにかで、ちょっと胃が疲れてるのかなと思い、気にかけませんでした。
が、今思えばあれは予兆だったに違いありません。
 「閃輝暗点」と言われる、いわゆる前兆は毎回あるのですが、予兆を感じたのは、今回が初めてです。

 次に、頭痛発作がおさまった直後のことなんですが、ちょっと平衡感覚が弱くなってることに気づきました。
なんでもないところで、バランスを崩してヨタりそうになったり。
たぶん、毎回そういう症状はあったんだと思うんですが、今回はじめて意識しました。
まぁ、おさまった後の症状を発見しても、頭痛の対処には役立ちませんけどね。
タグ:片頭痛
posted by craftsman at 05:12 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑草の雑想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/137517619
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。