2011年11月11日

メールからiCalリマインダ登録するAppleScript

信メールの内容を、iCalのリマインダに登録するAppleScriptです。
ダウンロード

使い方はカンタン。
メーラの振り分けルールでお好きな条件を指定して、アクションにこのスクリプトを指定するだけで、準備OK。
メールのルール設定
メールの件名がリマインダのタイトルになり、本文はメモになります。
本文の1行目に「#」に続いて日付を書いておくと、その日が期限日になります。
日付のフォーマットは、yyyy/mm/dd。ただし、年は省略できます。
日付でなく、ただの数字を書いた場合には、その日数後の日が、期限日になります。
また、同じく本文1行目に「@」に続いてリマインダーのリスト名を書いておくと、そのリストに追加されます。

つまり、
@hoge#5
と書いて送ると、「hoge」というリマインダーリストに追加され、期限は5日後になります。

「@リマインダー名」を書かなかった場合、デフォルトのリストに追加されます。
デフォルトのリストは、スクリプトの1行目
property theDefaultCalendar : "Craftsmanship"
の「Craftsmanship」の部分を変更することで、お好みのリストに変更することができます。

メールを送ってからしばらくすると、iOSデバイスのリマインダーにもエントリが追加されますから、そこで細かい設定をするのがいいでしょう。


iOS5になって追加された「リマインダー」アプリが、とてもいいカンジですね。
今まで、TODO管理にはOmniFocusを使ってたんですが、一目見て、これに乗り換えてみたいと考えました。
よりシンプルでありながら、場所による通知を実現していたからです。

ただし、乗り換えるために絶対に必要な条件が「メールでのタスク登録」でした。
僕の場合、メールでの登録が大部分を占めるので、これは外せません。

なので、作りました。

残念ながら、iCalのリマインダーが時刻に対応していないようで、時刻は指定することができません。あと、通知にも非対応です。

細かいことは、iOSデバイスでよろしくです。
posted by craftsman at 19:15 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 小道具
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。