2007年07月15日

Java言語で学ぶデザインパターン入門

 ソフトウェア開発に繰り返し現れる現象―パターンを捉え、それを記録することで、設計や分析結果、開発手法などさまざまなものを再利用可能にしようという考え方。
そしてその記録法を、パターンといいます。

 オブジェクト指向における再利用のためのデザインパターンという本は、パターンの記録法を示し、読者自らがこのパターンを記録し、再利用していくことを促すと共に、23コの設計におけるパターン―デザインパターンのカタログを収録したものです。
この23のパターンは、GoFのデザインパターンと呼ばれ、パターンのバイブルとなっています。 この本は、Java言語でのGoFのデザインパターンの適用法を解説した本です。
Javaでの開発において、デザインパターンはどういうときに適用できるのか?
デザインパターンを実際に適用するとき、Javaではどういうふうに実装すればいいのか?
というかんじで、Javaでのデザインパターンがより実践的に解説されているようです。
こういうふうに、自分が使う言語で解説してあれば、デザインパターンがより理解しやすいのではないでしょうか。

 私自身は、いつもオブジェクト指向における再利用のためのデザインパターンの方を使ってまして、これは読んでないんですが、知人のデスクにはこれが常に置いてありました。
いい本らしいです。
彼のオススメです。
posted by craftsman at 18:11 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | Javaの本
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。