2007年07月16日

オブジェクト指向に強くなる―ソフトウェア開発の必須技術

 まだオブジェクト指向ってプログラミングのためだけのものとしか思ってなかった頃、この本を読んで考えを改めました。

 オブジェクト指向ってそれだけじゃなくて、ドメイン定義、ビジネスプロセス分析設計とかだったり。
そしてUMLって表記法があって、フレームワークっていう再利用法もあったり、オブジェクト指向を基礎とした新しい開発プロセスや、パターンとかソフトウェアアーキテクチャって考え方とか。
 今まで、自分がいる川がものすごく広い世界だと思ってたら、いきなり大海に放り込まれたってかんじでした。

 この本は、オブジェクト指向のいろいろなトピックを、広く紹介してくれます。
トピックを紹介してくれるだけなので、この本を読んだからといって、いきなりオブジェクト指向の全てを使いこなせるようになるわけじゃありません。
でも、オブジェクト指向の世界の全体像というか、輪郭みたいなものを見せてくれます。

 とりあえず全体像を表すトピック群をつかんでおいて、必要なところから知識を深めていくというのが、賢いやり方ではないでしょうか。
posted by craftsman at 11:41 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | オブジェクト指向の本
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/48023654
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。