2007年07月16日

オブジェクト指向における再利用のためのデザインパターン

 ほとんどの人は、これを読んでデザインパターンを学んでいるはずです。
私もそうです。

 この本は、デザインパターンのバイブル
そして、誰もが通過するパターンの世界への入り口です。 この本にある23のパターンは、俗にGoFパターンとも呼ばれます。
このパターンカタログを使いこなせるようになるにつれて、23の優れた設計手法が手に入るだけでなく、「パターン」そのものについての理解を深めることができるようになります。
そうなれば、あなたの前にはさらなる大きなパターンの世界が広がっていくでしょう。

 ソフトウェアパターンには、詳細な設計に焦点をあてたデザインパターンの他にも、業務分析のためのアナリシスパターン―再利用可能なオブジェクトモデルや、エンタープライズアーキテクチャのためのエンタープライズ アプリケーションアーキテクチャパターンなど、いろいろあります。
プログラムデザインのためのパターン言語―Pattern Languages of Program Design選集には、分散・並行処理のためのパターンを含め、GoFパターンの後PLoP(Pattern Language of Programs workshop)で発表されたパターンがカタログされています。

 また、アンチパターン―ソフトウェア危篤患者の救出サーバーサイドJavaアンチパターンのように、ソフトウェア開発で繰り返し現れるマズい兆候と、それに対する解決策」という意味で、アンチな状況のパターンのカタログもあります。
成功を目指すだけでなく、失敗を回避するということも必要なんです。

 こういったパターンのカタログを読み漁ることだけが、パターンを活用することではありません。
パターンの目標は、あなたとあなたのチーム自身がパターンを発見し、記録し、再利用していくことにあるのです。
パターンカタログは、単に蓄えられるだけの、ごちゃごちゃした知識の山ではありません。
パターンとして知識を蓄積すれば、それらは言語として体系をなし、知識同士を有機的に関連づけることができるようになります。


 どうです?
パターンの世界は、思ったより広いですよね。
パターンは、今ではソフトウェア開発に欠かせないものなのです。

 パターン
という世界を理解しているかどうかは、オブジェクト指向ソフトウェアの開発者を明確に2つに分けます。
すなわち、優れた開発者かそうでないかです。
この本を読んだことがあるからといって、必ずしも優れた開発者かどうかはわかりません。
でも、読んだことがないのなら、優れた開発者ではないことがわかります。
こんなに広いパターンの世界を知らないんですから。
posted by craftsman at 11:45 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(2) | オブジェクト指向の本
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

アンチパターン?ソフトウェア危篤患者の救出
Excerpt: アンチパターン?ソフトウェア危篤患者の救出 最近デザインパターンが流行っていますがとりあえずこっちから読んで欲しいと思う...
Weblog: もぼなもな書房
Tracked: 2009-06-19 18:00

アンチパターン―ソフトウェア危篤患者の救出
Excerpt: アンチパターン―ソフトウェア危篤患者の救出 失敗は成功のもと。 でも、なぜ失敗したのか分らなければ、成功のもとにはでき...
Weblog: もぼなもな書房
Tracked: 2009-06-20 23:29
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。