2007年07月16日

アジャイルソフトウェア開発の奥義

 オブジェクト指向の原則って、知ってますか?
オープン/クローズドの原則あたりは知ってる方も多いのではないでしょうか?
あと、依存関係逆転の法則は、このところDI(Dependency Injection)やIoC(Inversion of Control)に関係するテクノロジーが注目されているので、耳にすることもあるかと思います。 他にも、これらほど話題にはなっていないものの、重要な原則がいろいろあります。
意外なことに、そういった原則がまとめて解説されている本は少ないですね。
この本にはそれがあります。 

 それだけでも価値があると思うのですが、もちろん、それだけでこんなに分厚くはなりません。
アジャイル開発のプラクティスや、いくつかのデザインパターンの実践的な適用法が、わかりやすく解説されています。

 
 その上で、要件から最初の設計をおこし、その問題点を説明しながら少しずつ改善してゆくケーススタディで、アジャイルな開発を進行にそって丁寧に説明されています。
posted by craftsman at 14:31 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(1) | オブジェクト指向の本
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

アジャイルソフトウェア開発の奥義
Excerpt: アジャイルソフトウェア開発の奥義 やや高い本なので躊躇していたのだが,よい本だった. 思考のプロセスが書かれているので...
Weblog: もぼなもな書房
Tracked: 2009-06-19 17:53
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。