2007年07月18日

バルダーズゲート・ダークアライアンス

 今回ご紹介するゲームは、バルダーズゲート ダークアライアンスです。

 D&D(Dungeons & Dragons)には、いくつか有名な世界設定があるのですが、このゲームの舞台は、フォーゴットンレルム(Forgotten Realms)と呼ばれる世界です。
 ダークエルフ物語*)というファンタジー小説などで、ドリッズト・ドゥアーデンという、有名なキャラクターが活躍する舞台でもあります。
そして、私が最も好きな世界です。 タイトルにあるバルダーズゲート(Baldur's Gate)というのは、この世界の中でも有名な都市です。
PCゲームでこの都市の名前と同名のタイトルがあり、同じ都市が舞台となっています。

 主人公は、新たな冒険を求めてバルダーズゲートを訪れます。
しかし、バルダーズゲートではシーフ(盗賊)ギルドが勢力争いをしており、それに巻き込まれてしまいます。
シーフギルドを追ううち、やがてその背後にさらなる悪が見えてきて…。

 このゲームは、アクションRPGです。
アクション用にルールがアレンジされていますので、かなり軽快です。
多くのD&Dゲームは、いかにルールを再現するかということの方を重視していますので、アクションが軽快とはちょっと言えません。(DDOとかデーモンストーンは、けっこう軽快ですけど)
そういう意味では、他と一線を画しているのではないでしょうか。
かなり雰囲気が違います。

 でも、D&Dの重厚な雰囲気、どっしりとした存在感はそのままです。
ルールの再現より、世界の再現を重視しているってかんじですね。

 D&Dをあまり知らない方にとっては、遊びやすくて、D&Dの世界に入りやすいゲームだと思います。
知っている人にとっては、おなじみの世界で、遊びやすくてできのいいアクションRPGが遊べるってかんじだと思います。
もうひっきりなしに、にやっとさせられるフィーチャーが出てきて、楽しいのではないでしょうか。


*ダークエルフ物語は、以下の3冊からなります。
1.
故郷、メンゾベランザン
 2.
異郷、アンダーダーク
 3.
新天地、フォーゴトン・レルム

 
 
タグ:PS2 D&D
posted by craftsman at 17:34 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。