2007年07月26日

OJT; On-the-Job Training

OJT OJTという言葉をご存知でしょうか?
ソフトウェア開発者なら、聞いたことがない人はいないんじゃないでしょうか。
この業界では、すごく多くの会社で採用されていますから。

 On-the-Job Training。
いわゆる実地研修ですね。
実際に仕事をしながら、仕事の仕方を学んでゆくという…。 実際には、そんなもんじゃありませんね。
「教育はしないから、てきとーに自力で乗り越えてね」というのが、本当の意味ですね。
もちろん、頑張ってなんとか教育しようとしていらっしゃる先輩の方々は、たくさんいらっしゃいます。
でも、会社からの、正式で全面的なバックアップがないのなら、会社にとっては意味は同じです。
会社からの組織立ったバックアップを受けてOJTが行われてるとこなんて、稀じゃないですか?
私は見たことないです。

 いや、この言葉自体は、ホントに実地研修を意味してるんだと思いますが、現場での使われ方が、そうなってる場合が多いんです。

 それでいて、「人材が足りないー」とか悲鳴上げてたりするのも、???なカンジですよね。
OJTに関してのお話(文句かな)は、記事新人に既に書きましたので、ここでぐだぐだ繰り返すのはやめておきます。

 ただ、ひとつだけ。
OJTを採用すると言うのであれば、OJTの意味と適用法をちゃんと知るべきだと、それだけは言っておきたいです。


 人材難にお悩みの方は、いかにいい人を採用するか、いかにきちんと教育するかを、長い目で地道に考えるべきです。
人材確保は、そう一朝一夕にいくものではないということは、おわかりですよね。
だから、現時点の人材確保と将来に向けての人材確保は、きちんと切り離して考えた方がいいと思います。

 根本的な問題解決のための、人材確保の活動が実を結ぶためには、かなりの時間と労力を必要とします。
でも、それをしないと、いつまでたっても人材難という問題を、断ち切ることはできません。
急場をしのぐためだけの人材確保は、ほとんどの場合、将来の役には立たないのです。
過去のどこかにおいて、将来に向けての人材確保に失敗しているから、現在の人材難があるんです。
ですから、今、将来のための人材確保の活動をはじめなければ、どこまでいっても改善できませんよ。
posted by craftsman at 01:41 | 東京 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | マンガ
この記事へのコメント
前の会社でも、OJTがありました。

とある先輩がOJT担当で新人を抱えていましたが、会社には定期的にメールで、フィードバックしなくちゃいけないし、手当てもらえるわけじゃないし。

「余計な仕事が増えただけだよ。」

って言ってましたね。f(^_^;
Posted by サンドラ at 2007年07月26日 22:54
 OJT担当者には、単に技術的な知識が備わっているだけでなく、一定以上の指導力があることが求められますね。

 指導力のない人がOJT担当をやると、新人を育てるどころか、成長の芽を摘んでしまうことにもなりかねません。

 担当者には、それだけ重い負担がかかってしまうわけで、会社側がそういうことをちゃんとわかってくれてないと、担当者はツライですよね。
Posted by craftsman at 2007年07月27日 00:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。