2010年06月06日

ユースケース記述が気になりますか?

このブログのアクセスログを見ると、どうもユースケース記述のアクセス数が常に上位にあるようです。
ユースケース記述(じゃなくて)に関心がある方が多いのでしょうか。
あなたは、どうですか?

ユースケース記述について、より理解を深めていただくために、ちょっと違う視点で説明してみたいと思います。
前回は、一般的なユースケース記述の書き方について、サンプルケースを使って、チュートリアルっぽく説明しました。
そこで、今回は重要なポイントに的を絞ってお話しします。

コンテンツ
  1. ユースケース記述の目的
  2. ユースケース記述の必須事項
  3. でも、結局は
続きを読む
タグ:UML
posted by craftsman at 00:27 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | UML

2007年08月24日

概念クラス図: 概念とその関連を探る

 今回は、いよいよクラス図のお話です。
基礎 第6回: オブジェクトの関連―汎化の記事でもお話ししましたが、クラスとは概念です。
人が何かするとき、そこには概念があります。
いろんな概念があって、それらが相互に作用しあって、その人の考えや行動を構成しているのです。

 だから、人の行動や考え方を理解するには、そこに登場するいろいろな概念と、それらの関連を理解しなければなりません。
ソフトウェアというのは、人の行動や思考を肩代わりするものですので、ソフトウェアの中には、それら概念や関連が再現されていなければならないわけです。

 クラス図には、目的に応じていくつかの書き方があります。
今回は、概念(=クラス)とその関連を探し出し、書き留めることを目的とする、概念クラス図についてお話ししたいと思います。

コンテンツ

  1. 分析ですよ
  2. クラスを探す
  3. 関連を考える
  4. いよいよクラス図
  5. ヒューリスティック
続きを読む
タグ:UML 分析
posted by craftsman at 00:06 | 東京 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | UML

2007年08月03日

ユースケース記述

 前回、ユースケース図についてお話ししました。
ユースケース図にアクター、システム領域、ユースケース、関連線として表現されるものについて、ご理解いただけたと思います。

 今回は、ユースケース記述についてのお話です。
ユースケース図は、
  • どんなアクターがいるのか
  • どんなユースケースがあるのか
  • どのアクターがどのユースケースを利用するのか
  • ユースケース同士は、どんな関係を持っているのか
について、とてもシンプルでわかりやすく表現できます。
でも、わかりやすい反面、シンプルすぎて、これだけでは細かい情報が欠けています。
図に書けない細かい情報を補足するものが、ユースケース記述です。

コンテンツ

  1. ユースケース記述とは
  2. ユースケース名
  3. アクター
  4. 概要
  5. 前提条件
  6. イベントフロー
  7. 事後条件
  8. まとめ
  9. オススメ
続きを読む
posted by craftsman at 05:57 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | UML

2007年07月18日

ユースケース: 問題の分析

 オブジェクト指向で問題解決をする際、最初にすべきことは、問題そのものの分析です。

 ソフトウェアの開発も、問題解決の一手段ですね。
そして、ソフトウェア開発において「問題そのもの」とは、ビジネスプロセスのことです。

 問題を分析する際に役立つのが、ユースケースです。
ユースケースには、図と記述が含まれます。
今回は、図の方―ユースケース図についてお話しします。

コンテンツ

  1. サンプル
  2. アクター
  3. システム境界
  4. ユースケース
  5. 関連線
  6. 結果
  7. オススメ
続きを読む
posted by craftsman at 15:09 | 東京 🌁 | Comment(4) | TrackBack(0) | UML

2007年07月17日

UMLを学ぶ

 これまで、UMLについては一切触れてきませんでした。
そろそろ、UMLについてもお話しした方がいいかもしれませんね。

そこで、今回はUMLのお話をするにあたって、最初にお話ししておきたいことです。

コンテンツ

  1. UMLの誤解
  2. 先にオブジェクト指向を
  3. UMLを使いこなすって
続きを読む
posted by craftsman at 21:35 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | UML
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。